基礎入門
  「8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」 正誤表

 技術評論社    ISBN978-4-7741-4464-1
  295頁   \2,680+税 
  誤りがありましたら是非メールでお知らせ下さい。 

ページ 章・節 行数    正 誤 内 容 更新月日
P33  表1.2.3 誤   PWREN      PWRDIS
正   PWRTEN     PWRTDIS
2011年
3月3日
P58  表]1.5.5   同上 2011年
3月3日
P94  上から8行目 誤   GP4ピンとGP5ピンは
正   GP4ピンとGP2ピンは
2011年
3月3日
P97 動作試験 A項を下記に修正
 ICソケットの2ピンと1ピンをジャンパ線などで仮接続して赤LEDが点灯すれば赤LEDは正常です。
B項を下記に修正
 ICソケットの6ピンと1ピンを仮接続して青LEDが点灯すれば青LEDは正常です。
C項を下記に修正
 ICソケットの7ピンと1ピンを仮接続して緑LEDが点灯すれば緑LEDは正常です。
2011年
3月3日
6月6日再訂正
P71   図2.1.1
P110  図3.1.3
OPTIONレジスタのT0CSビットの説明
誤  1:内部クロック   0:外部パルス
正  0:内部クロック   1:外部パルス
2011年
3月3日
P114 図3.1.6 左端 誤  内部クロック
正  内部クロック/4
2012年5月22日
P115   図3.1.7  プリスケーラ分周比
誤  11:1/64  10:1/16
正  1x:1/16   
2012年
5月22日
P129 リスト3.4.1 誤  TMR1H = 0xEC;   // TMR1上位セット
    TMR1L = 0x77    // TMR1下位セット
正  TMR1H = 0x9E;
    TMR1L = 0x58;
2013年
12月27日
P131  リスト3.4.2 誤  TMR1H = 0xEC;   // TMR1上位セット
    TMR1L = 0x77    // TMR1下位セット
正  TMR1H = 0x9E;
    TMR1L = 0x58;
2013年
12月27日
P147  4行目 誤  (a) 小型タイプ:AN001    (b)大型タイプ:SB106E
正  (a) 小型タイプ:SB1602B  (b)大型タイプ:SB1602E
2011年
11月18日
2012年5月22日
P150  図4.3.3 Rの記述が逆
正  R=0の場合:データは制御コマンド
    R=1の場合:データは表示データ
2011年
4月24日
P235  図6.2.4 修正  フロー図の矢印の向きの修正

2011年
5月11日
P242  1行目 誤  RS232C互換で、
正  TTLインターフェースで、
2011年
4月25日
P245  表6.3.2
上から6行目
誤  緯度 度分  1/10000分まで
正  度 度分  1/10000分まで
プログラム全体 MPLAB IDE Ver8.66からHI-TECHのコンフィギュレーションパラメータが変更されました。各プログラムの__CONFIGのパラメータの下記変更が必要です。
 旧パラメータ  →  新パラメータ
  EC       →  FOSC_EC
  HS      →   FOSC_HS
  INTIO    →   FOSC_INTOSCIO
  INTCLK   →   FOSC_INTOSCCLK
  WDTDIS   →   WTDE_OFF
  PWRTEN   →  PWRTE_ON
  BORDIS   →  BOREN_OFF
  BOREN   →   BOREN_ON
  MCLRDIS  →  MCLRE_OFF
  MCLREN  →   MCLRE_ON
  UNPROTECT → CP_OFF
  IESODIS  →  IESO_OFF
  FCMDIS  →  FCMEN_OFF
 
また、その他のレジスタ名も一部変更になっています。
  OPTION   →  OPTION_REG
  GPIOx    →  GPx  (xは0〜5)
  GPPU    →  nGPPU
  GODONE  →  GO

これらの詳細は「C:\Program Files\HI-TECH Software\PICC\9.81\include」内にあるヘッダファイルにすべて記述されています。
2011年
4月28日