掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 1137
タイトル Re: pic16f688のデバッグ
投稿日 : 2018/04/05(Thu) 16:00:10
投稿者 Gokan   <gokan@picfun.com>
参照先
これはDebug Headerが必要なデバイスに関わる問題です。
PIC16F688はピン数が少ないためデバッグをする際には
別途Debug Header(AC162056)というハードが必要です。
しかし、TSSOPではセットできないのでデバッグは無理ですね。

逆にプログラム書き込みモードの場合は、このDebug Headerを
使わない設定にする必要があります。
この設定は、[File]→[Project Properties]で開くダイアログで
[Supported Debug Header]の欄をNoneにする必要があります。

最新のMPLAB X IDEは4.15です。更新された方が良いと思います。


> お世話になります。
> PIC16F688を初に使用しています。パッケージは14pinTSSOPです。PICKIT3、MATLAB X IDE v2.26を使用してデバッグモードでプログラミングを行ったところ、次のメッセージが表示されます。
> Programming/Verify complete
> The target device is not ready for debugging.
> Please check your configuration bit settings and program the device before proceeding.
> The most common causes for this failure are oscillator and/or PGC/PGD settings.
>
> また、プログラム書き込みモードのアイコンをクリックして行うと
> BUILD SUCCESSFUL (total time: 1s)
> Loading code from C:/Masakichi/Job/-19s/csm02_RelayDriverWithTemp/20180324_TmpCtrl/TCtrl/Tctrl.X/dist/default/production/Tctrl.X.production.hex...
> Loading completed
> Cannot program a production build to a debug header.
> と表示されます。デバッグできる環境をどうすれば構築できますでしょうか。また、プログラム書き込みも同様です。よろしくお願いいたします。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -