掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 1147
タイトル Re^3: PIC24F SFR お礼
投稿日 : 2018/04/17(Tue) 12:52:53
投稿者 アルレッキーノ
参照先
Anken様、
参考にしていただけたならよかったです。

老婆心ながら、ボードに付属のPIC24F16KA102はメモリ容量も機能も少なく情報も少ないです。
PIC24Fについて基本的な学習なら、このボードで利用できるMCUとしてはPIC24FJ64GA002がお勧めです。
CTMUはありませんが、標準的なPICなのでネット上でも情報が得やすいと思います。
後閑先生の本でも頻繁に取り上げられていますしね。
また、Microchipのサイトで得られるPIC24Fについての個々の日本語資料もおおむね当てはまります。
最終的にはMCUのマニュアルで確認する必要がありますが、これは英語だけかな?

この時に少しハードルになるのがピン割り付け機能だと思います。
mikroCでもインラインアセンブラの機能があり、ピンのロック、アンロックなど記述できますが、Microchipのサンプルコードはそのままでは受け付けません。
ただ、mikroCにはピン割り付けのライブラリがあります。
Helpで"PPS_Mapping"を検索すれば使用法がわかります。

このようにちょっとわかりづらいmikroCですが、もちろんメリットがあるので使っています。
MikroElektoronikaはPICを応用した製品を数多く出していて、mikroCはライブラリを用意して対応しています。
その中にMikromediaというものがあります。
高機能のMCUと周辺チップを載せた基板がTFT-LCDと一体になった、よくまとまったユニットです。
LCDの制御はコントローラチップに依存しますから全くライブラリがないと、線一本、文字一字表示するのも苦労します。
PICではMPLABが標準開発環境ですが、私の場合はMikromediaを使いたいためにmikroCを選んだわけです。

C言語、MCU、開発環境を同時に学習するのはなかなか大変ですね。
ご健闘をお祈りします。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -